Vol.5 「消費税10%」増税による住宅購入

2019年10月に消費税が8%から10%に再び引き上げられる予定です。
これから住宅を購入する人にとってはどの程度負担が増えるのか気になるところですね。
また、負担増だけでなく家計の負担を軽くする、すまい給付金にも変更があります。
消費税が10%に増税された場合の住宅取得計画への影響について見てみましょう。

 

消費税10%への引上げスケジュール

2014年4月に消費税が8%に引き上げられましたが、2019年10月に消費税は10%へもう一段階の引上げが予定されています。
予定どおり消費税が10%に引き上げられることになれば、マンションや一戸建てなどの分譲住宅は、2019年10月1日以降引渡しの物件から消費税が10%になります。
注文住宅の場合は経過措置があり、2019年3月31日までに工事請負契約を結んでおけば、引渡しが消費税率改正後でも8%ですむ予定です。
なお、分譲住宅で内装の変更や設備の追加工事がある場合についても、2019年3月31日までに契約を結んでおけば、消費税は8%です。

 

建物以外にも消費税アップの影響がある

建物や建築代金は高額になりますから、消費税が8%から10%に上がると、負担も大きくなります。
例えば、建物が2,000万円の場合、消費税8%なら160万円ですが10%になると200万円になり40万円の負担増です。
また、消費税は諸費用の一部、仲介手数料などにもかかります。
内容は下表の通りですが、これらの金額も消費税引上げの影響を受けます。
建物代金ほど高額ではないものの、種類が多いので消費税引き上げ分を合計すると、ある程度負担が増すことになるでしょう。
諸費用は原則現金で用意する必要がありますから、消費税が10%になってから購入予定の場合は、あらかじめ負担増を見越した自己資金の準備や資金計画が必要です。

消費税の比較

項目(税抜き金額) 消費税額 差額
消費税8% 消費税10%
建物代金:2,500万円 200万円 250万円 50万円
土地仲介手数料
(土地代金×3%+6万円):51万円
40,800円 51,000円 10,200円
融資手数料:3万円 2,400円 3,000円 600円
登記手数料:15万円 12,000円 15,000円 3,000円
家具・家電・インテリア:150万円 12万円 15万円 3万円
合計 217万5,200円 271万9,000円 54万3,800円
 

住宅取得時にかかる諸費用
■消費税のかかるもの>
 ・仲介手数料
 ・融資手数料
 ・登記手数料(司法書士への報酬)
 ・オプション費用(エアコン・カーテンなど)
 ・引っ越し費用、家具・家電費用 など
 
■消費税のかからないもの
 ・団体信用生命保険
 ・火災保険、地震保険
 ・ローン保証料
 ・管理費、修繕積立金 など

PAGE TOP