Vol.1 サイディングの壁とカラーベストの屋根について

最近のハウスメーカーの外壁はサイディングが主流ですが、このサイディングを施工する時、目地をコーキングで防水しなければいけません。
皆さんは、コーキングが何十年もつと思われますか?
外部のコーキングは、酸性雨や紫外線にさらされボロボロになり、多分15年くらいで寿命がきて、やり替えが必要になると思います。
たかがコーキング、と軽く考えてはいけません。
補修しないと切れたコーキングから水が中に入って構造材が腐ってしまいます。
また、費用もばかになりません。足場を組み、けっこう大がかりな工事になり、ハウスメーカーなら150万円はかかるでしょう。

もしその時、ローン返済や教育費などでお金がたまっていなかったら補修できなくなってしまいますね。
そして今度は、いま多く使われている屋根のカラーベストの色がはげてきます。
この塗り替えも20万?30万円はかかるでしょう。
そして築後25年になるとこのスレートの屋根の色がまたはげてきて、ふき替えが必要です。
30年になると今度は外部のサイディングがボロボロになり張り替えとなります。
ここまでくると、「次から次にお金がかかるので、いっそ建て替えしたほうがましだ」ということになり、築30年で建て替えとなるのです。
ローン以外にたくさんのお金がかかることをハウスメーカーの営業マンは言わないのです。

PAGE TOP